2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 佐々木厳太郎教授の財務管理論3 | トップページ | 佐々木厳太郎教授の告白1 »

2006年7月 9日 (日)

【日曜版】 お坊さんを中心とした道徳の授業を普及させよ 

あのね、僕はあんまり他の評論家の人の言うた事をなぞるのはあんまり好きやないんやけれども、これは現在の風潮を見事にとらえた、ええコメントやからなぞらしてもらいたい。

評論家の立花隆さんがNIKKET NETに連載しとるコラムの福井総裁の利殖問題に関して、最後にこのようなコメントを残しとる訳やね。

「小泉改革も、ふれこみは立派、見かけも立派だったが、その中心部は黒く腐っており、あらゆる権力中心部と同じように「キレイはキタナイ」だった。

周辺部ではリストラされたホームレスたちが力なくうごめき、国民の大半はゼロ金利とデフレ経済でエネルギーをすり減らす日々を送っているというのに、中心部には大儲けしてウハウハしている一握りの人々がいて、その連中はみんなつるんでいた」

これがホンマやとすると本当に嘆かわしいことやね。

どんなに高い名誉や地位を獲得した人でも、悲しいかな人間の性、どうしても人間、金銭に対する執着だけ断ち切れんようやね。

昔は名誉や地位イコール金銭ではなかったんやけどね。

例えば、鎌倉時代に大燈国師いう偉いお坊さんがおって、花園天皇が大徳寺をつくってもらいたいと思うた。探したら、どうも五条の橋の下で乞食をしとるということがわかった。

そこで花園天皇は一計を案じ、瓜が大好きな人やから、瓜があったらよってくるやろう思うて、瓜を持っていって寄ってきた大燈国師に大徳寺建設を依頼したわけやね。

大燈国師はその時、金銭がなくて賤しい身分であったんやけれども、徳の高い人同志やから、そんなもん関係ないエエもんはエエんやゆうて、どこか相通づるものがあって大徳寺建設を依頼したんやろね。

それから、僕は昔、「どら平太に失われた日本人の精神をみる」http://www.yorozubp.com/0302/030213.htm)いうコラムを書いて、明治以来どうして日本人は金銭に対する執着が強なってしまったのやろう思うて、3年前にこのコラムを書いたのやけれども、今回また、その一節を引用させてもらいます。


 「武士は無償・無報酬の実践のみ信じたという。奢侈は人格に影響を及ぼす最大の脅威と考えられ、武士の子弟は経済のことをまったく眼中に入れないように育てられたという。小平太の行動は、腐った武家社会への痛烈なアンチテーゼであったとも言えるし、その無私で無欲な行動は我々に爽快さを与えてくれる。

 このことは翻って現代社会にも当てはまる。新渡戸博士は明治の文明開化によって「詭弁家、金儲け主義者、計算高い連中」の新時代に入ったと嘆いたが、その嘆きは的を得たものであった。今は「文臣銭を愛し、武臣命を惜しむ」人々が横行する時代である。混迷する時局において、現代の功利主義者や唯物論者に対抗する、武士の徳目を備えた人物の再来が待たれる」

最後に、僕は「武士の徳目を備えた人物の再来が待たれる」と書いたけれども、そんなもん待っとられん訳ですわ。

梅原猛さんの本を読んどったら、明治以来どうして日本人は金銭に対する執着が強なってしまったのか、の答えが出ました。

平田篤胤ゆうひとがおったんやけれども、この人は神仏混合反対論者やったわけやね。その篤胤の唱える平田神道が明治維新の思想的原動力になった。その結果、廃仏毀釈、神仏分離がおこなわれた訳やね。

そして日本という国家を神とする、新しい神をつくってしもうた。

もともと天皇は明治以前は仏教信者やったんですわ。天皇になれない皇子は、門跡寺院の門跡になられたという伝統があったんですわ。

そこから無神論者が増えて、エリート層もそろって無神論者となった。宗教なきところに道徳なし、そこからはただ単に営利を追求する神仏なき資本主義のはじまりですわ。第二次世界大戦の敗北によってよりこの傾向に拍車がかかったと考えるべきやね。

韓国ではキリスト教の入信率が高いのに、日本ではそれほどではない、また先日、

田原本町

で母や弟を焼死させてしもうた子も仏教の本を差し入れてほしいと弁護士さんに頼んだらしい。

日本人の心の原風景には仏教があるんやと思いますね。

ここはお坊さん、自分にはその資格がないゆうて遠慮せんと、どんどん小学校でもおしかけて今の子供たちに仏教の道徳を教えてあげてほしいね。

« 佐々木厳太郎教授の財務管理論3 | トップページ | 佐々木厳太郎教授の告白1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57778/2537005

この記事へのトラックバック一覧です: 【日曜版】 お坊さんを中心とした道徳の授業を普及させよ :

« 佐々木厳太郎教授の財務管理論3 | トップページ | 佐々木厳太郎教授の告白1 »